モフタル・リアディ 家族

モフタル・リアディ 家系・子供
(リッポー・グループ創業者)



先祖:木工職人

祖父:福建省に住んだ。大地主
祖母:賢かったので村人から一目置かれた

父:李亜美(布地店を経営)
母:一番下の娘を生んだ後に亡くなる
姉が4人(全員中国生まれ)
妹が3人

妻:李麗梅(華人)

子供:4人ぐらい
次男:ジェームズ(李白)。リッポー銀行を経営
三男:スティーブン(李棕)。香港のリッポーGを経営

孫:ジョン・リアディ


■モフタル・リアディは1929年5月12日、オランダ領東インドのジャワ島で生まれた。そのころインドネシアという名前の国は存在していなかった。ジャワ島東部にある高原地帯のマラン地方が故郷になる。中国名は李文正

■インドネシアでリッポーという企業を創業し、アジアから米国に広がるグローバル企業に育て上げた

■リッポー・グループは土地開発事業と情報通信事業を中核に衣食住に関する、スーパー、百貨店、書店、コーヒーショップ、劇場、映画館、学校、病院などを手がける

■リッポーは漢字では『力宝』と書く


※参考文献『日経新聞(私の履歴書)』


略歴
■モフタル・リアディ
インドネシアの財閥、実業家。インドネシアのリッポー・グループの創業者。リッポー・グループはインドネシアの華人財閥では5指に入る。1929年5月12日、インドネシアで生まれる。リッポー・グループは中国・福建省にルーツを持つモフタル・リアディ氏が銀行を中核に創業した。1970年代から米国や中国に進出したが、アジア通貨危機で経営難に陥り、不動産に軸足を移した。以降、小売り通信事業、劇場、学校、病院など都市生活に欠かせないサービを行う
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる