リンカーン 子孫

エイブラハム・リンカーン 家族・家系
(第16代アメリカ大統領)



祖父:インディアンに殺害された

実父:トーマス・リンカーン(農夫、大工)
実母:ナンシー・ハンクス(34歳で死去)
継母:サラ・ブッシュ・リンカーン

実姉:サラ(2歳上。21歳で死去)

妻:メアリー・トッド・リンカーン

子供
長男:ロバート(第35代陸軍長官)
次男:エディ(3歳で病死)
三男:ウィリー(11歳で病死)
四男:トーマス(18歳で病死)


・マミー・リンカーン
・エイブラハム・リンカーン2世
・ジェシー・ハーラン・リンカーン


■エイブラハム・リンカーンは、1809年2月12日に、アメリカ西部のケンタッキー州の開拓地で生まれた

■父親は、無学な開拓農民で、字をきちっと読めないだけでなく、自分の名前も正しく書けなかった

■リンカーンは、新しく母親となるサラ・ブッシュの荷物の中に『聖書』『ロビンソー・クルーソー』『イソップ物語』『船乗りシンドバッド』『天路歴程』という5冊の本が入っていたのを見つける。リンカーンはその時、初めて本というものを手に取る。母親も本を読むことを勧めたので、それ以来、読書家となった。近所の人からも本を借りて読んだ

■子供は息子が4人生まれたが、成人まで生きたのは長男のロバートだけであった


※参考文献『リンカーン』(フォア文庫)(著者:内田庶)(絵:金成泰三)


略歴
■エイブラハム・リンカーン
【1809年~1865年】アメリカ合衆国の政治家、弁護士。第16代アメリカ合衆国大統領。ケンタッキー州で誕生
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる