神谷正太郎 子孫

神谷正太郎(販売の神様)家族・子供


養父:製粉、製麺業を営む
養母:正太郎を大切に育てる


子供


■神谷正太郎(かみや・しょうたろう)は、明治31年7月9日、愛知県知多郡横須賀町(現・東海市)で生まれた

■幼年に名古屋市千種区御器所(ごきそ)にあった神谷家の養子になった

■養家は製粉、製麺業を営み、貧乏とはいわぬまでも、決して裕福ではなかった。ごく平凡な家庭であった

■一人息子であったため、非常に大切に育てられる。特に母親には可愛がられた

■子供のころから一度思い立ったことは、やり遂げないと気がすまない気性であった。遊び友達のなかでも頑張り屋のリーダー格であった


※参考文献『私の履歴書(経済人15)』


関連サイト
神谷正太郎語録
http://meigennooukoku.net/blog-entry-207.html


略歴
■神谷正太郎(かみや・しょうたろう)
【1898年~1980年】日本の経営者。トヨタ自動車販売(現・トヨタ自動車営業部門)社長を歴任。トヨタ自動車系ディーラーの礎を一代で築き上げ、その豪腕から「販売の神様」と称された。1973年に勲一等瑞宝章を受章した。愛知県知多郡横須賀町(現・東海市)出身
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる