FC2ブログ

安斎隆 家族

安斎隆 家系・子供
(セブン銀行社長)



伯父:小説『和紙』のモデル
祖父:村長
祖母:大工仕事から裁縫までこなした

父:長保(農作業、養蚕、和紙作り)
母:ハル

妻:東京生まれの東京育ち

子供:あり


■1941年1月17日、6人きょうだいの3番目の次男として、福島県上川崎村(現二本松市上川崎)に生まれた

■生後すぐに肺炎にかかり、死にかけたが、母親の必死の看病もあり九死に一生を得た

■上川崎は阿武隈川に面した小村で、芥川賞を受賞した東野辺薫の著書『和紙』の舞台である

■『和紙』の小説には、母方の伯父をモデルとした、和紙の出荷をたばねる組合長、安斎保男が登場する

■妻の母は福島県二本松市出身で遠い親戚にあたる


※参考文献『日経新聞(私の履歴書)』


略歴
■安斎隆(あんざい・たかし)
日本の経営者。株式会社セブン銀行社長、日本長期信用銀行(現:新生銀行)頭取などを歴任。1941年1月17日、福島県で生まれる。東北大学法学部卒業、日本銀行入行。一時国有化された日本長期信用銀行(現:新生銀行)の頭取に就任し、2000年の譲渡実現まで破綻した銀行の処理に携わる。2001年4月、アイワイバンク銀行(現:セブン銀行)を設立し社長に就任
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる