FC2ブログ

杉本博司 家族

杉本博司の家族・家系
(現代美術作家)



遠戚:菅野白華(儒学者)

祖父:菅野寅吉(逓信省の役人)
祖母:菅野よし
父:杉本幸三(銀座美容商会経営)
母:菅野照子(三井物産神戸支店勤務)

妻:渕崎絹枝(スタイリスト)

長男:1977年1月誕生
長女:1984年夏に誕生


■父親の杉本幸三は1917年、横浜生まれ。常に諧謔(かいぎゃく)を考えているらしく、大人になってもまともに会話をかわしたことがなかったという

■実家は銀座美容商会といい、御徒町にあって美容室で使う美容器具やパーマ液など一切を扱う問屋だった

■母親の菅野照子は1926年、兵庫県高砂市に菅野家7人兄弟の次女として生まれた

■母方の祖父・菅野寅吉は逓信省の役人で電電公社高砂支店長を務めた。1949年、国鉄総裁が轢死体で発見された下山事件があった。同じようにある朝、菅野寅吉も轢死体で発見されたという


※【参考文献】
『私の履歴書(日経新聞2020年7月)』


略歴
■杉本博司(すぎもと・ひろし)
日本の現代美術作家。写真家。東京及びニューヨークを活動の拠点としている。作品は厳密なコンセプトと哲学に基づき作られている。8×10の大判カメラを使い、照明や構図や現像といった写真の制作過程における技術的側面も評価されている。1948年2月23日生まれ。東京都台東区旧・御徒町出身
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる