玉虫左太夫 子孫

玉虫左太夫(仙台藩)家系・子供


父親:玉虫伸茂(仙台藩士)

子孫:玉虫文一(物理化学者)


■1823年、仙台藩士の玉虫伸茂の末子として生まれる

■24歳にして幕府直轄の学問所である昌平黌(しょうへいこう)のトップ・林復斎(ふくさい)の門下に入り、その塾長を務めるほどの秀才であった

■1860年、日米修好通商条約の批准書交換使節団の一員として渡米した、帰国後大番士となる

■半年以上にも及ぶ航海の間、玉虫は期待にたがわず、日々の記録を欠かすことがなかった。その克明詳細な日記は『航米日録』と題され、貴重な歴史資料として現在に残されている。

■仙台藩主の伊達慶邦の命を受け、薩長を中心とする新政府軍に対抗する「奥羽越列藩同盟」を成立させるために東北諸藩を回り、戊辰戦争中の1868年5月6日に同盟を成立させる

■末裔に物理化学者で東京大学名誉教授の玉虫文一がいる。1982年死去


略歴
■玉蟲左太夫(たまむし・さだゆう)
【1823年~1869年】江戸時代後期(幕末)から明治時代幕末の仙台藩の藩士。江戸で林復斎に学ぶ。蝦夷(えぞ)地を視察。咸臨(かんりん)丸で渡米。戊辰戦争で奥羽越列藩同盟成立に奔走したが、藩論一変のため明治2年4月14日切腹させられた。47歳

石田三成 子孫

石田三成(戦国武将)家族・子供


父:石田正継(武将)
母:岩田氏(瑞岳院)

兄:石田正澄(豊臣氏の家臣)
妹:女(福原長堯室)
妹:女(熊谷直盛室)

正室:皎月院(宇多頼忠の娘)

息子
長男:石田重家(家康に助命され出家)
次男:石田重成(津軽信建の助力で脱出)


・娘(山田隼人正室)、
・荘厳院(津軽信枚室)
・娘(岡重政室)

子孫
・杉山成知(津軽藩士)
・石田ミサキ(16代目)
・石田秀雄
・杉山丕(はじめ)2018年1月NHK出演


■永禄3年(1560年)、石田正継の次男として近江国坂田郡石田村(滋賀県長浜市石田町)で生まれた

■兄の石田正澄の子孫に参議院議員の石田昌宏がいる

■長男の石田重家は関ヶ原の戦い後、徳川家康に助命され出家

■次男の石田重成は関ヶ原の戦い後、津軽信建の助力で畿内を脱出し生き延びる


石田三成(いしだ・みつなり)略歴
【1560年~1600年】近江出身の戦国の武将。羽柴(豊臣)秀吉に仕え、賤ヶ岳の戦いなどで頭角を現す。秀吉の関白任官に伴い吏僚として政務に参加した。秀吉の死後、徳川家康と対立。関ヶ原の戦いで家康に敗れ、京の六条河原で処刑された

吉井友実 子孫

吉井友実(薩摩藩士)家系・子供


叔父:無参禅師(西郷の師)

父親:吉井友昌(薩摩藩士)

子供
長男:幸蔵(海軍少佐、神戸製鋼監査役)
次男:高島友武(高島鞆之助の養子)
長女:沢子(公爵大山巌の夫人となる)


孫:勇(伯爵、歌人)

ひ孫:滋(伯爵、後楽園スタヂアム支配人)


■薩摩藩士・吉井友昌の長男として鹿児島城下加治屋町に生まれる

■アーネスト・サトウの著書『一外交官の見た明治維新』に吉井は良く登場する

■歴史評論家の落合莞爾によると、薩摩での明治維新の功労者は、西郷隆盛、大久保利通、吉井友実の3人で、なかでも吉井が最も大きく貢献しており、海外との折衝は吉井が行っていたという

■叔父は「無参禅師」の名で知られ、西郷隆盛の禅の師であった

■長男の幸蔵は伯爵、海軍少佐、貴族院議員、神戸製鋼監査役、水難救済会会長などを歴任

■次男の高島友武は陸軍中将で、高島鞆之助の養子

■孫の勇は伯爵、歌人、脚本家。妻の徳子は、1933年に「不良華族事件」において摘発されている

■ひ孫の滋は伯爵、後楽園スタヂアム支配人、日本野球連盟評議員。1959年のプロ野球天覧試合の実現に尽力した


略歴
■吉井友実(よしい・ともざね)
【1828年~1891年】日本の武士・薩摩藩士。変名を山科兵部。のちに吉井幸輔。島津斉彬のもと、若手改革派として、藩政改革で活躍。また鳥羽伏見の戦いでも多大な功績をあげた。維新後は、日本鉄道の社長などをつとめる

西郷隆盛 子孫

西郷隆盛(維新の英雄)家族・子供


先祖:菊池一族(南朝の雄)

祖父:龍右衛門(御台所口御番)

父:西郷吉兵衛隆盛(薩摩藩下級藩士)
母:まさ(椎原権右衛門の娘)
弟:西郷従道(海軍大臣)


・須賀(すが)。伊集院兼寛の姉
・愛加那(奄美大島の名家の娘)
・糸子(薩摩藩士、岩山八郎太直温の娘)

息子
・西郷菊次郎(京都市長。西郷堤防を築く)
・西郷寅太郎(陸軍大佐)
・西郷午次郎(近藤廉平の秘書)


・西郷吉之助(参議院議員、法務大臣)

ひ孫
・西郷隆文(陶芸家。日置南洲窯代表)
・西郷吉太郎(会社員)


従兄弟:大山巌(陸軍大臣)
遠戚:武豊(ジョッキー)


■西郷の元々の祖先は南朝の雄・菊池家もしくは菊池家の家臣だったとされる。菊池家は肥後(熊本)を本拠地として、一時は九州全域に影響力をもち、南朝を最後まで支えた一族である

■西郷は熱烈な南朝の崇排者で、南朝への敬意から『菊池源吾』という変名を使った時期もある

■西郷が仲の悪かった長州藩と手を組んだ最大の理由も、南朝の末裔、大室寅之祐(のちの明治天皇)を担ぎ上げることで一致したことによる

■西郷の生家は決して裕福ではなかった。むしろ、赤貧洗うが如しで、兄弟も多く彼の下には3弟3妹がいた


略歴
■西郷隆盛(さいごう・たかもり)
【1828年~1877年】日本の武士(薩摩藩士)。軍人。政治家。維新の三傑(西郷隆盛、大久保利道、桂小五郎)の一人であり、明治維新最大の功労者。通称は、西郷吉之介。愛称は西郷どん(せごどん)

伊原木一朗 家族

伊原木一朗 家系・子供
(天満屋8代目社長)


叔父:伊原木省五(天満屋7代社長)

父親:
母親:

妻:

子供:

いとこ:伊原木隆太(岡山県知事)


初代:伊原木茂平衛
2代:初代伊原木藻平 茂平衛の甥
3代:二代伊原木藻平 初代藻平の甥
4代:伊原木伍朗(旧姓:松沢)
5代:伊原木一衛(1960年7月~1998年5月)
6代:伊原木隆太(1998年5月~2012年6月)一衛の長男
7代:伊原木省五(2012年6月 - 2016年5月)一衛の弟
8代:伊原木一朗(2016年5月~2017年12月)一衛の弟、省五の兄謙二の長男
9代:江国成基(2017年12月~ )


略歴
■伊原木一朗(いばらぎ・いちろう)
日本の経営者。株式会社天満屋8代目社長。東京都出身。1995年、早大政経卒、同年三菱商事入社。2016年3月、天満屋入社。2016年5月、社長に就任。伊原木一族は岡山では有名な一族


略歴
■伊原木隆太(いばらぎ・りゅうた)
日本の政治家、実業家。1966年7月29日、岡山県岡山市の地元百貨店・天満屋の創業家に生まれる。東京大学工学部卒業。1995年、スタンフォード大学経営大学院にてMBAを取得。1998年、父・伊原木一衛の後任として、天満屋代表取締役社長に就任。その後、岡山県知事に
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる