阿刀田高 家族

阿刀田高(小説家)家系・子供


大叔父:
伯父:阿刀田令造(西洋史学者。第二高等学校9代校長)

父:宮城県仙台市の出身
母:宮城県仙台市の出身

姉:肺結核で亡くなる
弟:早世

妻:慶子

子供:息子2人、娘1人
息子:阿刀田寛(日本経済新聞の記者)


■1935年1月13日、東京で男1人、女3人、その後に生まれた双子の兄として生まれる

■生後1年もたたないうちに阿刀田は風を引き、それが弟に移って弟は早世した


※参考文献『日経新聞(私の履歴書)』


略歴
■阿刀田高(あとうだ・たかし)
日本の作家、小説家。「奇妙な味」の短編で知られる。2007年から2011年まで日本ペンクラブ会長を務めた。1979年 『来訪者』で第32回日本推理作家協会賞。1995年 『新トロイア物語』で第29回吉川英治文学賞。2009年旭日中綬章受勲。著作:『冷蔵庫より愛をこめて』『ユーモア一日一言 笑いと教養のオアシス』『江戸ぽるの 古川柳と小咄の世界』『ミッドナイト物語』『安土城幻記』『佐保姫伝説』『甘い闇 阿刀田高傑作短編集』『アンブラッセ』など。1935年1月13日、東京で生まれる

山東直砥 子孫

山東直砥(教育者)家系・子供


子孫:山東昭子(参議院議員。女優)


■山東直砥(さんとう・なおと)は紀伊出身の教育者・官僚で同郷の陸奥宗光の懐刀と呼ばれた

■山東は紀伊で生まれ、12歳の頃に高野山で仏門に入った後、学問に目覚める。その後、北の交易の玄関口だった函館で役人として勤務。ロシア語を勉強し、物産方として輸入業務にも携わる

■日本で初めて西洋バラを輸入したこともある

■函館に赴任したことを機に長崎に赴き、坂本龍馬と出会う。龍馬が立ち上げた『海援隊』の裏方として、連絡・調整役を担った

■龍馬との交流は5ケ月ほどであったが、山東は龍馬を通じて、後藤象二郎、陸奥宗光らに出会う

■山東は函館の役人を辞した後、東京で北門社新塾を運営、さらに神奈川県知事に就任した陸奥宗光の推薦で、横浜に役人として赴任

■横浜は最重要港湾の一つ。政府や外国との交渉・調整役を担う。神奈川県副知事に

■1875年、役人生活に見切りをつけ、出版にのめり込む。英語の辞書などを刊行

■陸奥宗光が亡くなったときには、葬儀を仕切った


略歴
■山東直砥(さんとう・なおと)
【1840年~1904年】幕末、明治時代の教育者。陸奥宗光の懐刀

モフタル・リアディ 家族

モフタル・リアディ 家系・子供
(リッポー・グループ創業者)



先祖:木工職人

祖父:福建省に住んだ。大地主
祖母:賢かったので村人から一目置かれた

父:李亜美(布地店を経営)
母:一番下の娘を生んだ後に亡くなる
姉が4人(全員中国生まれ)
妹が3人

妻:李麗梅(華人)

子供:6人(男3人。娘3人)
次男:ジェームズ(李白)。リッポー銀行を経営
三男:スティーブン(李棕)。香港のリッポーGを経営

孫:ジョン・リアディ


■モフタル・リアディは1929年5月12日、オランダ領東インドのジャワ島で生まれた。そのころインドネシアという名前の国は存在していなかった。ジャワ島東部にある高原地帯のマラン地方が故郷になる。中国名は李文正

■インドネシアでリッポーという企業を創業し、アジアから米国に広がるグローバル企業に育て上げた

■リッポー・グループは土地開発事業と情報通信事業を中核に衣食住に関する、スーパー、百貨店、書店、コーヒーショップ、劇場、映画館、学校、病院などを手がける

■リッポーは漢字では『力宝』と書く


※参考文献『日経新聞(私の履歴書)』


略歴
■モフタル・リアディ
インドネシアの財閥、実業家。インドネシアのリッポー・グループの創業者。リッポー・グループはインドネシアの華人財閥では5指に入る。1929年5月12日、インドネシアで生まれる。リッポー・グループは中国・福建省にルーツを持つモフタル・リアディ氏が銀行を中核に創業した。1970年代から米国や中国に進出したが、アジア通貨危機で経営難に陥り、不動産に軸足を移した。以降、小売り通信事業、劇場、学校、病院など都市生活に欠かせないサービを行う

福田淳一 家族

福田淳一 家系・夫人・子供
(財務事務次官)


実父
義父:高石邦男元文部事務次官 
実母
義母

妻:高石邦男元文部事務次官の娘

子供


■1982年、大蔵省入省。同期入省に片山さつき参議院議員、迫田英典(元国税庁長官)、佐川宣寿(元財務相理財局長、元国税庁長官)などがいる

■大蔵事務次官を務めた篠沢恭助の紹介で文部事務次官を務めた高石邦男と結婚した



略歴・経歴(プロフィール)
■福田淳一(ふくだ・じゅんいち)
日本の財務官僚。財務事務次官。岡山県出身。神奈川県立湘南高等学校卒業。東京大学法学部卒業。1982年、大蔵省入省。2004年、財務省主計局主計官。2006年、財務省主計局法規課長。2008年、財務省大臣官房総合政策課長。2011年、財務省主計局次長。2014年、財務省大臣官房長。2015年財務省主計局長を経て、2017年7月、財務事務次官。趣味: 血液型: 身長:

大和製缶創業家 家族

山口久一 家系・子供
(大和製缶創業家)


長男:山口裕久(2018年、大和製缶社長)


■大和製缶は非上場で、創業家の山口家が過半数の株式を持つ

■山口裕久は山口久一の長男

■山口久一は1997年から2018年まで社長を務めた

■山口裕久は2018年に社長に就任。21年ぶりの社長交代

■大和製缶株式会社は容器をつくり、提供するだけではなく、充填まで含めた総合技術力を駆使して、新しい分野の開拓にも積極的に取り組んでいる

■1939年
・大阪府に大阪コルク工業として設立された

■1950年
・自動製缶機による食缶の製造事業に参入

■1969年
・世界初となるコーヒー飲料缶の商業生産・販売を開始

■2000年
・開発した蓋ができる金属缶「ニューボトル缶」は、技術展覧会「キャネックス2000」で国内製缶メーカーで初となるグランプリを受賞



略歴
■山口裕久(やまぐち・ひろひさ)
日本の経営者。大和製缶株式会社社長を歴任。兵庫県出身。1991年、立教大経卒業。大和製缶に入社。2001年、取締役。2016年、副社長。2018年、社長に就任
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる