石弘光 家族

石弘光 家系・夫人・子供
(第14代一橋大学学長)



父:石三次郎(教育学者)
弟:石弘之(環境ジャーナリスト)

妻:あり

子供は長男、次男


■1937年4月9日、東京の山の手で生まれる。両親と姉一人、弟3人の家族で育つ

■父親の石三次郎は教育学を専門とする学者。全国家庭科教育協会長。東京教育大学(現筑波大学)教授などを歴任した。役人好きで、中でも大蔵省が大好きだった。夕飯が終わると居間でぐずぐずせず、まっすぐ書斎に向い、本を読んだり、原稿を書いたりした

■弟の石弘之は東京大学教授を歴任。環境ジャーナリス


※参考文献『日経新聞(私の履歴書)』


略歴
■石弘光(いし・ひろみつ)
日本の経済学者。専門は財政学。第14代一橋大学学長、一橋大学名誉教授。日本経済学会常任理事、政府税制調査会会長、国立大学協会副会長、日本郵政取締役監査委員長、放送大学学長等を歴任。租税負担の不公平を分析した、著作『財政改革の論理』でサントリー学芸賞を受賞。1937年4月9日生まれ。東京出身

オノ・ヨーコ 家族

オノ・ヨーコ(音楽家)家系


高祖父:安田善次郎(安田財閥創始者)
曽祖父:小野作十郎

祖父:小野英二郎(日本興業銀行総裁)
祖父:安田善三郎(貴族院議員)
祖父:税所篤人(岡山藩士)
祖母:税所鶴

父:小野英輔(東京銀行取締役)
母:磯子(安田善次郎の孫)

弟:啓輔(三菱商事に勤務)
妹:節子(世界銀行に勤務後に彫刻家)


一人目:一柳慧(作曲家)
一人目:アンソニー・コックス(ジャズ)
三人目:ジョン・レノン(ビートルズ)

子供
娘:キョーコ
息子:ショーン・レノン(ミュージシャン)


■1933年2月18日、銀行家の小野英輔を父として、小野磯子(安田善次郎の孫)
を母として、小野家の長女として、東京府で出生

■父・英輔は東京銀行のニューヨーク支店の初代支店長を務めた


※参考文献『NHKファミリーヒストリー(2017年8月18日放送)』


略歴
■オノ・ヨーコ
東京出身のアメリカで活動する芸術家、音楽家。ビートルズのメンバーであるジョン・レノンと結婚し、平和活動を行ったことや音楽面でも創作活動を行ったことなどが知られている。本名はヨーコ・オノ・レノン。日本名は小野洋子。1933年2月18日、東京で生まれた

エドワーズ・デミング 子孫

デミング(統計学者)家族・子供


父:アルバート・デミング(法律)
母:アイリーン・エドワーズ(音楽家)

弟:ロバート・デミング
妹:エリザベス

前妻:アグネス・ベル(教師。死別)
後妻:ローラ・シュープ(数学者)

長女:ドロシー(養女)
次女:ダイアナ(1934年誕生)
三女:リンダ(1942年誕生)


■法律の素養のある父親・ウィルアム・アルバート・デミングとオバーリン大学付属音楽院を卒業した母親・プルーマ・アイリーン・エドワーズとの間に生まれた

■父親からは学問好きな資質を、母親からは、作曲の趣味を受け継いでいる

■1923年に最初の妻となる若い女教師、アグネス・ベルと結婚。2人はドロシーを養女にした

■結婚7年目の1930年に妻・アグネスが他界。2年後に、自分の下で働いていた数学者・ローラ・シュープと再婚。次女と三女を授かる


出典『デミング式経営(QC経営の原点に何を学ぶか)』


■略歴
ウィリアム・エドワーズ・デミング
【1900年~1993年】アメリカの統計学者、著述家、講演者、コンサルタント。ニューヨーク大学経営大学院(現在のスターン経営大学院)教授などを歴任した

マハトマ・ガンジー 子孫

マハトマ・ガンジー 家族・子供
(インド独立の父)



父:カラムチャンド・ガンジー(宰相)
母:パトリバイ
妻:カストルバ(ガンジーと同じ年)

長男:ハリラール
次男:マニラール

孫:ラムチャンドラ(米国プリンストン大学教授)


■父親のカラムチャンド・ガンジーはイギリス領インド帝国、現在のグジャラート州の港町ポールバンダルで、当時のポールバンダル藩王国の宰相であった。3回結婚し、3度とも先立たれ、40歳を越して、4度目の結婚をした。最後の妻との間に娘一人と3人の息子が生まれた。その末っ子がマハトマ・ガンジーである

■ガンジー家は、カースト制度では3番目のバイシャ(平民。商人や農夫が多い)の中のモード・バニアという階級に属した


※参考文献
『ガンジー 魂はわれわれとともに』



■略歴
マハトマ・ガンジー
【1869年~1948年】インド独立の父。政治指導者。弁護士。宗教家。非暴力を貫いた。1937年から1948年にかけて、計5回ノーベル平和賞の候補になったが、受賞には至らなかった

ピーター・ドラッカー 家族

ピーター・ドラッカー 家系・子供
(社会生態学者)



先祖:オランダで印刷業始める
曾祖母:100歳近くまで生きた

父:アドルフ・ドラッカー(ウィーン大学教授)
母:キャロライン(医学を専攻)
妻:ドリス
長女:キャスリーン
長男:ビンセント


■1918年まで絶大な力を誇っていた当時の大国、オーストリア・ハンガリー帝国の高級官僚の家に生まれた

■先祖はオランダのアムステルダムで、1517年に印刷業を始めた。ドラッカーとは、オランダ語で印刷屋という意味。この印刷屋は250年間、18世紀の半ばまで続いた

■家は代々、学者、官寮、弁護士、医師などである

■父親がオーストラリアの大蔵省の若手官僚だった頃、大学で経済学を教えた。その時の教え子に19歳の優秀な学生、シュンペーター(経済学者)がいた。ドラッカーはこのシュンペーターから大きな影響を受ける


※参考文献
『P・Fドラッカー 中内功 創生の時』
『知の巨人 ドラッカー自伝』


略歴
■ピーター・ファーディナンド・ドラッカー
【1909年~2005年】ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人の経営学者。社会生態学者。執筆者。「マネジメント」 の発明者として知られる。優れた著書を多く残した。著書『イノベーションと企業家精神――実践と原理』『現代の経営(上・下)』『経営者の条件』など
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる