長谷川平蔵 子孫

長谷川平蔵(火付盗賊)家系・家族・子孫



父:長谷川宣雄(江戸時代の400石の旗本。火付盗賊改方頭)
母:名は不詳で、『寛政重修諸家譜』には某氏と記されている

妻:大橋与惣兵衛親英の娘

子供
長男:長谷川宣義(江戸時代の旗本。書家としても知られる)
次男:長谷川正以
娘:河野弘道室
娘:渡辺久泰室


・長谷川宣茂(宣義の長男)
・長谷川宣昭(宣義の次男)


■長谷川家の家督は嫡子長谷川宣義が継いだ

■墓所:東京都新宿区須賀町の戒行寺


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物名言集http://meigennooukoku.net/


長谷川宣以(はせがわ・のぶため)略歴
【1745年~1795年】江戸時代の旗本。火付盗賊改方の長である火付盗賊改役を務めた。池波正太郎の小説『鬼平犯科帳』の主人公「鬼平」として、日本の時代小説・時代劇ファンに知られている。幼名は銕三郎(てつさぶろう)、あるいは銕次郎(てつじろう)。家督相続後は父・長谷川宣雄と同じく平蔵(へいぞう)を通称とした

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる