正田英三郎 家族

正田英三郎(日清製粉社長)家系図・家族・子孫



父:正田貞一郎(日清製粉創業者、東武鉄道会長、貴族院議員を歴任)
母:きぬ

長兄:明一郎(早世)
次兄:建次郎(数学者)
弟:順四郎(日本農産工業社長を歴任)

妻:富美子(佐賀の旧家・副島家出身。中支那振興常務理事副島綱雄の娘)

子供
長男:巌(日本銀行監事を歴任。濱口雄幸元首相の孫娘・淑と結婚)
長女:美智子(夫が平成天皇)
次女:恵美子(昭和電工社長・安西正夫の長男・安西孝之と結婚)
次男:修(現・クラレ社長を務めた大原総一郎の次女・泰子と結婚。日清製粉社長を歴任)


■正田英三郎は日清製粉グループ本社の創業者・正田貞一郎の三男として生まれたが、長兄・明一郎が早世し、次兄・建次郎が数学者となったので、英三郎が父の跡を継いだ。皇后美智子の実父である


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物名言集http://meigennooukoku.net/


正田英三郎(しょうだ・ひでさぶろう)略歴
【1903年~1999年】日本の実業家。製粉業界最大手の日清製粉グループ本社の社長や会長を歴任した。1903年9月21日、日清製粉創業者の正田貞一郎の三男として生まれた。群馬県邑楽郡館林町(現・館林市)出身。1927年、東京商科大学(現・一橋大学)を卒業し、三菱商事に入社。1929年に家業の日清製粉に転じる。1935年 同社取締役に就任。1945年 同社社長に就任した
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる