皇后美智子 家族

皇后美智子様の家系図・家族・子供



祖父:正田貞一郎(日清製粉創業者、東武鉄道会長、貴族院議員を歴任)
父:正田英三郎(日清製粉社長を歴任。創業者・貞一郎の三男)
母:富美子(佐賀の旧家・副島家出身、中支那振興常務理事副島綱雄の娘)

兄:巌(日本銀行監事を歴任。濱口雄幸元首相の孫娘・淑と結婚)
妹:恵美子(昭和電工社長・安西正夫の長男・安西孝之と結婚)
弟:修(現・クラレ社長を務めた大原総一郎の次女・泰子と結婚)

夫:明仁(平成天皇、第125代天皇)

子供
長男:浩宮徳仁親王
次男:礼宮文仁親王
長女:紀宮清子内親王(黒田清子様。東京都の職員、黒田慶樹と結婚)


■軽井沢会テニスコートで開催されたテニスのトーナメント大会にて当時皇太子だった明仁親王と出会う。「テニスコートの出会い」として知られる

■1959年(昭和34年)4月10日、皇太子明仁親王と結婚、明治以降初めての民間出身の皇太子妃となる。同日の成婚パレードには、沿道に53万人もの市民が集まり、皇太子および同妃を熱烈に祝福した


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
皇后美智子語録http://goo.gl/XPj9FO


皇后美智子(こうごう・みちこ)略歴
平成天皇の皇后。前姓は正田(しょうだ)。皇室典範に定める敬称は陛下。日本赤十字社名誉総裁、国際児童図書評議会名誉総裁。1934年10月20日生まれ。東京府東京市本郷区(現:東京都文京区東部)で誕生。聖心女子大学文学部外国語外国文学科(英文学)を首席で卒業。卒業式では、総代として答辞を読んだ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる