FC2ブログ

出光佐三 家族

出光佐三(出光興産創業者)家系・子共・子孫



父:藤六(藍問屋を営む)
母:千代
兄:雄平(出光大連支店の初代支店長。息子・裕治が出光6代社長)
姉:キク(息子が出光4代社長の大和勝)
妹:タマ(夫の真武周三が元出光興産)
弟:弘(新出光石油初代社長)
弟:泰亮(元出光興産)
弟:計助(出光2代社長。息子・昭が出光7代社長)

前妻:城戸崎ケイ(旧家の娘で大分県の現・豊前市出身)
後妻:山内靖子(土佐藩主山内家の一族)

長男:昭介(出光5代社長)
甥:大和勝(出光4代社長)


■佐三は兄一人、姉一人を含む8人兄妹の3番目に生まれた。

■前妻のケイとの間には子供はなかった。

■後妻の山内靖子と再婚し翌年に長男の昭介が生まれたが、佐三43歳の時であった。

■出光は一族経営をしてきたが、7代社長の出光昭が外部資本を受け入れ上場を決断。2006年出光興産は東証一部に上場。出光昭が経営から手を引くことで、出光家の取締役は一人もいなくなった。


出光興産歴代社長
初代:出光佐三(1940年~1966年)
2代:出光計助(1966年~1972年)
3代:石田正実(1972年~1977年)
4代:大和勝 (1977年~1981年)
5代:出光昭介(1981年~1993年)
6代:出光裕治(1993年~1998年)
7代:出光昭 (1998年~2002年)
8代:天坊昭彦(2002年~2009年)
9代:中野和久(2009年~2013年)
10代:月岡隆 (2013年~   )   


参考文献:『創業家物語(著者:有森隆)』


関連サイト
出光佐三語録 http://bit.ly/1bVqogF


出光佐三(いでみつ・さぞう)略歴
1885年~1981年(明治18年~昭和56年)出光興産創業者。福岡県宗像郡赤間町生まれ。神戸高商卒。神戸の貿易商酒井商会を経て、明治44年、出光商会創業。昭和15年出光興産㈱に改組して社長に就任。昭和41年会長。同年出光美術館開設。95歳で没。著書に「人間尊重50年」「働く人の資本主義」「永遠の日本」他
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる