FC2ブログ

菱田春草 家族

菱田春草(画家)家系図・家族・子孫



兄:為吉(教育者。当時皇太子であった大正天皇の教育係を拝命)
妻:千代(萩藩士、野上宗直の長女)

子供は1女3男の4人をさずかった
長女:明治33年に生まれたが早世
長男:明治35年に生まれる
次男:
三男:8月の暑い頃に生まれた


関連サイト
トップページ http://bit.ly/1hFgCsj
画家(日本)語録集 http://bit.ly/12UZI29


菱田春草(ひしだ・しゅんそう)略歴
【1874年~1911年】明治期の日本画家。横山大観、下村観山とともに岡倉天心の門下で、明治期の日本画の革新に貢献した。1874年(明治7年)、長野県飯田(現・飯田市)に生まれた。本名は三男治(みおじ)。代表作:『寡婦と孤児』『水鏡』『秋景(渓山紅葉)』『菊慈童』『雪後の月』『王昭君』『賢首菩薩』『紅葉山水』『落葉』『黒き猫』など
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる