FC2ブログ

太宰治 家族

太宰治(小説家)家系図・家族・子孫



父:津島源右衛門(県下有数の大地主。衆議院議員、貴族院議員を務めた)
母:タ子

妻:美知子(小説家。地質学者・石原初太郎の娘)

子供
長女:園子(夫は大蔵官僚、衆議院議員(11期)を歴任した津島雄二)
婿養子:津島雄二(大蔵官僚、衆議院議員、厚生大臣を歴任した)
次女:津島佑子(小説家)
女児:太田治子(歌人・太田静子との間に生まれた娘、太宰は認知した)

義弟:石原明 (妻・美知子の弟。ニューヨーク州立大学名誉教授)
孫:津島淳(衆議院議員。父・津島雄二。母・園子)


関連サイト
トップページ http://bit.ly/1hFgCsj
太宰治語録 http://bit.ly/XIipB2


太宰治(だざい・ おさむ)略歴
【1909年~1948年】昭和を代表する日本の小説家。本名は津島修治(つしま・しゅうじ)。主な作品『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『斜陽』『人間失格』など。青森県生まれ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる