FC2ブログ

吉田忠雄(YKK創業家) 家族

吉田忠雄 家系・家族・子供
(YKK創業者)


兄弟:吉田久松(YKKの設立に貢献した)
息子:吉田忠裕(YKK社長、YKK AP社長を歴任)
孫娘:吉田忠裕に娘がいる


■吉田忠雄は吉田工業をファスナーで世界1のメーカーに育て上げたが1986年、脳血栓で倒れる。後遺症があったが、車椅子で出勤し続け、社長のまま93年7月3日、84歳で他界した。社長代行を務めていた息子で副社長の忠裕は46歳で社長に昇格した。翌94年8月に社名を、吉田工業からYKK株式会社に変更した

■忠裕は『会長』職を新たに設けて、『社長』を吉田家と関係のない生え抜きの人材に譲った





吉田忠雄(よしだ・ただお)略歴
1908年~1993年(明治41年~平成5年)吉田工業(現・YKK)創業者。富山県魚津市生まれ。尋常高等小学校卒業後、上京して陶器貿易商に勤務。昭和9年、サンエス商会(現・YKK)を創業しファスナー製造に着手。昭和30年代以降、積極的に海外に進出して世界的企業に育てあげた。魚津町議会議員、魚津商工会議所初代会頭、富山地方裁判所魚津支部民事司法委員なども務めた。84歳で没。著書:『仕事儲け人儲け - 人間吉田忠雄語録 ワールド・エンタープライズ「YKK経営」の勘どころ』
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる