fc2ブログ

小川信雄 家族

小川信雄(日亜化学工業創業者)家系図・家族・子



娘婿:小川英治(日亜化学工業社長)


■日亜化学工業株式会社は徳島県阿南市に本社を持つ化学会社である。発光ダイオードなどの電子デバイスや蛍光灯などに使われる蛍光体を扱う。以前はストレプトマイシンの製造にも携わっていた

■1956年、小川信雄が徳島県阿南市に日亜化学工業を設立。高輝度青色発光LEDを製品化以降は、製品で会社が世界的に知られるようになった

■開発課員だった中村修二の青色発光ダイオード開発着手希望の直訴を受け、アメリカ留学と開発費を拠出。中村の開発作業を側面から支援した。中村は2014年ノーベル物理学賞授賞のインタビューで、『私は日亜化学先代社長の小川信雄氏の支援に感謝している』、と述べた


関連サイト
トップページ http://bit.ly/1hFgCsj
人物別名言集 http://bit.ly/1j4tg4M


小川信雄(おがわ・のぶお)略歴・経歴(プロフィール)
【1912年~2002年】日本の実業家。日亜化学工業創業者。1912年7月9日生まれ。徳島県出身。旧制徳島高等工業学校製薬化学科卒業後、南方戦線へ軍医直属の薬務員として従事する。そこで、アメリカ製の蛍光管を目の当たりにして、今後伸びる製品と確信。1956年に徳島県阿南市に、蛍光管製造を主とする日亜化学工業株式会社を設立した
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる