FC2ブログ

赤崎勇 家族

赤崎勇(工学者)家系図・家族・子


父:
母:
兄:正則(九州大名誉教授)
妻:陵子
子供:娘が二人いる

ノ―ベル物理学賞受賞の記者会見で「妻には受賞を普段通りの言い方で伝えようと思う」と話した


■2014年にノーベル物理学賞受賞

■窒化ガリウム (GaN) の結晶化に関する技術を開発し、世界初の高輝度青色発光ダイオード(青色LED)を実現させたことで有名である

■青色LED関連の特許料を建設費の一部に用いて、名古屋大学東山キャンパス内に赤崎記念研究館が建設され、2006年10月20日に開館した

■主な業績
・低温堆積緩衝層技術による高品質GaN結晶の作製に成功(1986年)
・p型GaNの結晶化に成功し、GaNのpn接合による青色発光ダイオードを実現(1989年)
・GaNからの室温における紫外光誘導放出に成功(1990年)
・GaN/GalnN量子井戸電流注入誘導放出の観測に成功(1995年)


関連サイト
トップページ http://bit.ly/1hFgCsj
赤崎勇語録 http://meigennooukoku.net/blog-entry-3508.html


赤崎勇(あかさき・いさむ)略歴・経歴(プロフィール)
日本の工学者。名城大学大学院理工学研究科教授、名古屋大学特別教授を歴任。1929年1月30日生まれ。鹿児島県出身。京都大学理学部化学科卒業。松下電器産業東京研究所基礎研究室長を経て名古屋大学教授に就任
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる