島秀雄 家族

島秀雄(鉄道技術者)家系図・家族・子孫



祖父:島喜兵衛(和歌山で薬種問屋を営む)
父:安次郎(鉄道技術者。日本機械学会会長)
母:順(旧姓は原田。滋賀県大津の代々の儒学者)

妻:豊子(鉄道官僚で貴族院議員もつとめた男爵中村謙一の娘)

兄弟姉妹(弟4人と妹2人の7人きょうだい)
弟:茂雄(電気技師。NHK技術研究所所長、ソニー研究所長を歴任)
弟:邦雄(鉄道技師。大井工場で活躍。昭和20年、大空襲で死去)
弟:恒雄(醸造技師。朝日麦酒副社長を歴任)
妹:和歌子
弟:文雄(三菱重工を経て日本航空機製造で『YS-11』の設計をする)
妹:康子

子供
長男:宏(東大卒。昭和55年逝去)
次男:隆(鉄道技術者。新幹線輸出第一弾となる台湾高速鉄道の顧問)
三男:敏(夭折)
四男:直(なおし)。東大卒
末娘:久美子(聖心女子大からフルブライト留学生として米国で学ぶ)


■「デゴイチ」のあだ名で知られる貨物用蒸気機関車D51形の設計に関与。また新幹線計画では、国鉄総裁の十河信二、新幹線総局長の大石重成らと共に、その実現に大きく貢献した。国鉄退職後は、宇宙開発事業団でロケット開発にも携わった

■1969年に英国機械学会のジェームズ・ワット賞を日本人として初めて受賞。また1994年には文化勲章を鉄道関係者としては初めて受賞している

■次男の隆は父・秀雄とともに東海道新幹線0系の台車設計にあたる。後に東北・上越新幹線の200系の車両設計責任者となる

■島一家は、安次郎、秀雄、隆と3代にわたり高速鉄道技術開発に携わっている


関連サイト
島秀雄語録 http://goo.gl/xBqNDB
妻たちの新幹線(登場人物)http://goo.gl/9qSouw


島秀雄(しま・ひでお)略歴
【1901年~1998年】昭和初期~中期の鉄道技術者。日本国有鉄道(国鉄)技師長(1955年 - 1963年)。宇宙開発事業団(NASDA)(現在のJAXA)初代理事長(1969年 - 1977年)を歴任した。大阪府出身。東京帝国大学工学部卒業。1925年に鉄道省に入省した
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる