FC2ブログ

横山大観 家族

横山大観(画家)家系図・家族・子



父:酒井捨彦(水戸藩士。「水戸学」の尊皇攘夷思想により志士として活躍)


・滝沢文子(1897年に結婚するが1903年死去。長女をもうけたが夭折)
・遠藤直子(1906年に再婚)

孫:横山隆(横山大観記念館館長)


■水戸藩士の酒井捨彦の長男として生まれる。初名は酒井秀麿といった

■1888年、横山家との養子縁組により、酒井秀麿から横山秀麿となった


関連サイト
トップページ http://bit.ly/1hFgCsj
横山大観語録 http://bit.ly/13FZ58A


横山大観(よこやま・たいかん)略歴
【1868年~1958年】日本の美術家、日本画家。近代日本画壇の巨匠であり、今日「朦朧体(もうろうたい)」と呼ばれる、線描を抑えた独特の没線描法を確立した。常陸国水戸(現・茨城県水戸市)出身
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる