FC2ブログ

早乙女哲哉 家族

早乙女哲哉(天ぷら職人)家系図・家族・子



息子あり


■「俺は130才まで揚げ場に立ち続ける。天ぷらを究めるためには、まだまだ時間が足りない」と早乙女は語る。生涯を天ぷらにかけると決め、日々、天ぷらを揚げ続けている

■料理評論家の山本益弘は早乙女哲哉をこう評価する
「昔は生で食べるのが一番いい、その次に焼いて食べる、煮て食べる、天ぷらなんて魚が傷んだものを揚げて食べるとみんな思っていたがとんでもない。最高の食材を生以上のものに仕立てるということを初めて教えてくれたのは早乙女さんです。私が40年間で出会った最高の天才です」


関連サイト
トップページ http://bit.ly/1hFgCsj
早乙女哲哉語録 http://bit.ly/1uPpKgi


早乙女哲哉(そうとめ・てつや)略歴
天ぷら職人。「天ぷらの長い歴史に革命を起こした」と言われている料理人。天ぷら店店主。1962年に天ぷらの道に入って以来、50年を超える。一品一品の天ぷらに魂を込め、これまでに「二千万個以上!」の天ぷらを揚げてきた。その名人芸見たさに通う客は数知れない
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる