FC2ブログ

芹沢けい介 家族

芹沢銈介(染色工芸家)家系図・家族・子



父:大石角次郎(静岡市本通一丁目の呉服卸商西野屋を営んだ)
息子:芹沢長介(考古学者、東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館の館長)


■大石角次郎の7人兄弟の次男として生まれた


トップページ http://bit.ly/1hFgCsj
人物別名言集 http://bit.ly/1j4tg4M


芹澤銈介(せりざわ・けいすけ)略歴
【1895年~1984年】日本の染色工芸家で人間国宝。静岡市名誉市民、文化功労者、重要無形文化財「型絵染」の保持者(人間国宝)。20世紀日本の代表的な工芸家として内外から高く評価されており、民芸運動の主要な参加者でもあった。静岡県出身。東京高等工業学校(現・東京工業大学)工業図案科 を卒業。書籍:『染色の挑戦 芹沢銈介』『世界の民芸』『板絵の控』『芹沢銈介型紙集』『芹沢銈介の文字絵・讃』『芹沢銈介作品集』など
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる