FC2ブログ

安部修仁 家族

安部修仁 (吉野家元社長)家系・家族・子供


祖父:半平(日蓮宗の檀家だった。石炭の微粉を加工した豆炭製造の会社を設立した)
父親:嘉月(修仁が2歳の時に病死)
母親:タマ子(看護師の資格を持つ。祖父の会社の経理を担当した)

兄:中学2年で他界
姉:
弟:

妻:かよこ(1歳下の江戸っ子)

子供は3男1女


■アルバイトとして吉野屋で働き、その後正社員になる。1992年、当時42歳で代表取締役社長に生え抜きとして就任した。以降、22年間にわたり吉野家の経営を指揮し、「ミスター牛丼」と称された

■安部は熱血漢で、ざっくばらん。そんな明るい人柄が、周囲の人間を引きつける

■東京大学経済学部教授の伊藤元重は、安部を「ビジネスを緻密に考える一方で、吉野家の店での従業員の動き方などを門外漢にも分かるように語ってくれる数少ない経営者」と評する


関連サイト
安部修仁語録 http://bit.ly/Z2aJ0D


安部修仁(あべ・しゅうじ)略歴
日本の実業家。株式会社吉野家ホールディングス社長、会長を歴任した。ミスター牛丼の呼称がある。1949年9月14日生まれ。福岡県出身。福岡県立香椎工業高等学校卒業、日本大学経済学部中途退学。高校卒業後、プロのミュージシャンを目指して上京、R&Bバンドを結成して活動する傍ら、吉野家でアルバイトとして働く。その後、音楽の道を諦めた安部は吉野屋に正社員として入社した。1992年に、当時42歳で代表取締役社長に生え抜きとして就任した
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる