FC2ブログ

鷹司信子(将軍綱吉の妻)

鷹司信子(たかつかさ・のぶこ)略歴
1651年~1709年(慶安4年 宝永6年)江戸幕府5代将軍徳川綱吉の正室。左大臣従一位鷹司教平の娘。母は冷泉為満女(鷹司家譜)。兄に関白鷹司房輔、妹に霊元天皇中宮鷹司房子(新上西門院)がいる。また、6代将軍徳川家宣の御台所近衛熙子とは再従姉妹の関係である。夫・綱吉の死から一月も経たないうちに死去。59歳で没。戒名は「浄光院殿円巌珠心大姉」。墓所は東京都台東区の寛永寺。そのあまりに急な死に、実は綱吉は信子と御台所付御年寄・伊豆局の手によって殺害され、信子はその後自害したという俗説(『日光邯鄲枕』)も残っている。また夫婦仲が悪かったことから信子が綱吉を殺害し、その後に自害したとの俗説もあるがどちらも信憑性は乏しい

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる