FC2ブログ

三國連太郎 家族

三國連太郎(俳優)家系図・家族・子孫



母親は16歳で一家が離散し広島県呉市の海軍軍人の家に女中奉公に出され、ここで三國連太郎を身籠り追い出されて帰郷した。たまたま静岡県沼津駅で知り合った父親となる人物の仕事先だった群馬県太田市で結婚し三國が生まれた。このため三國は私生児となる。この育ての父親は電気工事の渡り職人であった。

長男:佐藤浩市(俳優)
※4度結婚し、3番目の妻との間に生まれた息子である。


関連サイト
三國連太郎語録 http://bit.ly/14pJYo4


三國連太郎(みくに・れんたろう)略歴
【1923年~2013年】日本の俳優。群馬県太田市生まれ。身長181cm、体重75kg。本名は佐藤政雄(さとう・まさお)。主な作品『釣りバカ日誌』シリーズ 、『ビルマの竪琴』、『飢餓海峡』、『にっぽん泥棒物語』、『利休』、『息子』、『襤褸の旗』など。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる