FC2ブログ

原三信 子孫

原三信(藩医)家族・末裔・子共



■江戸時代の初めに筑前(現・福岡県)の黒田藩初代藩主・黒田長政公に医師として召し抱えられて以来、同藩の藩医として仕えてきた医家である。明治維新後も福岡で医業を続けており、代々の当主が三信(さんしん)を名乗り、時代の荒波を乗り越えてきた。初代から400年にわたる原三信の名は病院名(原三信病院)としては残ったが、2000年に15代三信(和彦)が亡くなり途絶えた

■原三信病院(はらさんしん・びょういん)・・・・福岡県福岡市博多区にある医療機関。福岡藩の藩医として召し抱えられた医師が代々原三信を襲名し、12代原三信が1879年、現在地に診療所を開業。13代原三信が1902年に泌尿器科の病院として開設した(九州初の私立病院)


関連サイト
医学の専門家(世界)語録集 http://bit.ly/1gP0scE
黒田長政(筑前福岡藩初代藩主)語録 http://bit.ly/1mIsES8
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる