FC2ブログ

宮崎滔天 子孫

宮崎滔天(アジア主義者)家族・末裔・子共



父:郷士・宮崎政賢(宮崎長兵衛)
兄:宮崎八郎(自由民権運動家)
兄:宮崎民蔵(社会運動家)
兄:宮崎弥蔵(社会運動家、アジア主義者)
■現・熊本県荒尾市に郷士・宮崎政賢の8男で末子として生まれた

妻:宮崎槌(つち)(政治家、自由民権運動家の前田案山子の三女)

子供
長男:宮崎龍介(編集者・弁護士・社会運動家。白蓮事件で世を騒がせた)
次男:震作(1894年 ~1936年)
長女:節(1897年~1952年)
■その他、33歳の時に長崎で同棲した愛人に女児を産ませている


・宮崎香織(早稲田在学中に第二次世界大戦で学徒出陣し戦死)
・宮崎蕗苳(ふき)。職業は華道家


■戦後の1956年の孫文誕生90年の祝典に長男・龍介夫妻が招待され、毛沢東主席・周恩来首相と共に臨席した。その後も宮崎家と中国の交流は続き、孫文の友人「井戸を掘った人」として5年に一度、国賓として中国に招待されている
(宮崎蕗苳(聞き書き)『白蓮~娘が語る母燁子~』より)


関連サイト
人物別名言集 http://meigennooukoku.net/


宮崎滔天(みやざき・ とうてん)略歴
【1871年~1922年】日本で孫文達を支援して、辛亥革命を支えた革命家、および浪曲師。アジア主義者・政治運動家。肥後国玉名郡荒尾村(現在の熊本県荒尾市)に郷士・宮崎政賢(宮崎長兵衛)の八男で末子として生まれた
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる