FC2ブログ

末次一郎 子孫

末次一郎の家系・家族・子供
(日本の国士)



父:材木商
母:働き者

妻:清子

長女:裕子
次女:
三女

■末次一郎の両親は福岡県の農村で生まれている。佐賀との境を流れる筑後川の下流、家具で知られている大川という町の近くの農村であった

■父親は若い時から世話好きで青年団長などをやっていた。やがて兄や弟とともに大川で材木商をはじめた

■末次一郎は1922年(大正11年)10月1日に、福岡県で生まれる。3歳の時に佐賀に移住。有明海に近い住の江という港街であった

■母は働き者で大世帯をよく切り盛りしてよく父に仕えた

■小学校では目立つ存在で6年まで級長を務めた

■2001年(平成13年)7月11日、夫人清子と、 嫁いだ3人の娘に見守られながら、 都内の虎の門病院で静かに息を引き取った

■葬儀委員長は中曽根康弘元首相が務め、『戦後、真の野人で、これくらい大きく国家的懸案に取り組み、前身させて日本のために活躍した人を知らない』と最大限の賛辞を述べている

■末次一郎の弟子の一人に同郷の佐賀県出身の政治家、原口一博(衆議院議員。総務大臣歴任)がいる


【参考文献】
『「戦後」への挑戦』
『温故創新 戦後に挑戦━心に残る人びと』


略歴
■末次一郎(すえつぐ・いちろう)
【1922年~2001年】安全保障問題研究会の主宰者。沖縄返還の功労者として知られ、晩年は日ソ専門家会議を主催して北方領土返還運動にも取り組み、「ミスター北方領土」の異名をとった。中曽根康弘首相ら歴代政府首相・首脳のアドバイザーとしても知られる。1922年10月1日生まれる。佐賀県出身。陸軍中野学校二俣分校卒
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる