FC2ブログ

津村重舎 子孫

初代津村重舎 家系・家族・子供
(ツムラの創業者)


実父:山田安次郎(宇陀郡出身)
実母:藤村(宇陀郡榛原町出身)
養父:津村磯次郎(父の実弟)
養母:津村みつ

兄:山田安民(ロート製薬創業者)
弟:岩吉(津村敬天堂を設立)
姉:クニ

妻:

長男:2代津村重舎(ツムラ2代社長)

孫:津村昭(ツムラ3代社長)
孫:風間八左衛門(ツムラ4代社長)


■津村重舎は、明治4年に奈良県宇陀郡伊那佐村で生まれた。父は山田安次郎、母は同じ宇陀郡榛原町の藤村家から嫁いだ。重舎は次男で、他に長男、安民(ロート製薬創業者)、三男(岩吉)、長女(クニ)の兄姉弟がいた

■重舎は実父・安次郎の実弟・津村磯次郎と養子縁組を結び、津村姓を名乗ることになった

■重舎が最初に売り出した『中将湯』は、母方の藤村家に家伝の薬として伝えられていたものだった


※参考文献『ツムラ・革新しつづける老舗の挑戦』著者:中江克己


略歴
■初代津村重舎(つむら・じゅうしゃ)
【1871年~1941年】日本の実業家。現在の株式会社ツムラの創業者。貴族院議員。大和国(奈良県)出身。1893年(明治26年)に中将湯本舗津村順天堂(現・ツムラ及びバスクリンの前身)を創業した
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる