FC2ブログ

室生犀星 子孫

室生犀星 家系・家族・子供
(詩人・小説家)


実父:小畠弥左衛門吉種(加賀藩)
実母:ハル(加賀藩の足軽頭の女中)
養母:赤井ハツ

妻:室生とみ子(1895年~1959年)

娘:朝子

孫:室生洲々子(室生犀星記念館名誉館長)


■1889年8月1日、加賀藩の足軽頭だった小畠家の小畠弥左衛門吉種とその女中であるハルという名の女性の間に私生児として生まれた

■生後まもなく、生家近くの雨宝院(真言宗寺院)住職だった室生真乗の内縁の妻赤井ハツに引き取られた

■犀星は長男を1歳で亡くしている

■孫の洲々子(すずこ)は、室生犀星が命名した名前である。犀星は生涯で一度訪れた外地である満州(中国東北部)への思いを込めて命名したという

■孫の洲々子が生後10ヶ月の時に犀星は亡くなる

■室生犀星記念館は「『むろお』を正式とするが、『むろお』への変更を強制するものではない」としている


※参考文献『日経新聞(2019年5月13日)』


略歴
■室生犀星(むろう・さいせい)
【1889年~1962年】日本の詩人・小説家。本名は室生照道(むろう・てるみち)。代表作『愛の詩集』『抒情小曲集』『性に目覚める頃』『あにいもうと』『杏っ子』など
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる