FC2ブログ

山極勝三郎 子孫

山極勝三郎 家系・子供
(病理学者)


実父:山本政策(上田藩士)
実母:とも
養父:山極吉哉(医師)

兄:彦太郎
兄:浅野釚次郎
妹:末子

妻:包子(山極吉哉の長女)

長男:一郎(夭折)
三男:山極三郎(動物学者・病理学者)
四男:末男

長女:春子
次女:梅子
三女:花子

孫:山際清一


■1863年、信州の上田藩の貧しい士族であった、上田藩士の山本政策(まさつね)の三男として生まれた

■兄が2人、妹が一人の4人兄弟

■同郷の医師である山極吉哉の養子となり、ドイツ語を学びつつ医師を目指す

■山極家は、代々上田藩の御殿医をつとめていた医者の家系であるが、初代は足利氏に仕えた、足柄山の山極城主の武将だった

■勝三郎が小学校を卒業したとき、上田には中学校がなかった。そのため彼は、卒業後しばらく小学校に残って、教師の授業を手伝った

■そのうちに上田にも中学校ができたため、入学した

■16歳の春に上京し、私立のドイツ語学校で学び、その後、東京大学医学部予科に入学した


略歴
■山極勝三郎(やまぎわ・かつさぶろう)
【1863年~1930年】日本の病理学者。東京帝国大学医学部教授。勲一等瑞宝章。人工癌研究のパイオニアとして知られる。信濃国上田城下(現在の長野県上田市)に上田藩士の山本政策(まさつね)の三男として生まれた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる