阿刀田高 家族

阿刀田高(小説家)家系・子供


大叔父:
伯父:阿刀田令造(西洋史学者。第二高等学校9代校長)

父:宮城県仙台市の出身
母:宮城県仙台市の出身

姉:肺結核で亡くなる
弟:早世

子供:息子2人、娘1人
息子:阿刀田寛(日本経済新聞の記者)


■1935年1月13日、東京で男1人、女3人、その後に生まれた双子の兄として生まれる

■生後1年もたたないうちに阿刀田は風を引き、それが弟に移って弟は早世した


※参考文献『日経新聞(私の履歴書)』


略歴
■阿刀田高(あとうだ・たかし)
日本の作家、小説家。「奇妙な味」の短編で知られる。2007年から2011年まで日本ペンクラブ会長を務めた。1979年 『来訪者』で第32回日本推理作家協会賞。1995年 『新トロイア物語』で第29回吉川英治文学賞。2009年旭日中綬章受勲。著作:『冷蔵庫より愛をこめて』『ユーモア一日一言 笑いと教養のオアシス』『江戸ぽるの 古川柳と小咄の世界』『ミッドナイト物語』『安土城幻記』『佐保姫伝説』『甘い闇 阿刀田高傑作短編集』『アンブラッセ』など。1935年1月13日、東京で生まれる
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる