大塚勝久(大塚家具創業家) 家族

大塚勝久 (大塚家具創業者)家系・家族・子共



父親:桐タンス職人

妻:千代子(大塚家具元取締役)

子供は5人いる
長女:大塚久美子(大塚家具の社長に就任)
長男:大塚勝之(大塚家具 取締役専務執行役員営業本部長)
次男:大塚雅之(大塚家具 執行役員総務部担当部長)
次女:舞子
三女:智子(夫が大塚家具 取締役上席執行役員流通本部長の佐野春生)


■大塚勝久と長男で専務の勝之と、長女の久美子と次男、次女、三女が経営方針の違いで対立している

■1943年、桐タンスの名産地・埼玉県春日部市で生まれた。桐タンス職人の父親の店を子供の頃から手伝う。仕入れや販売はもちろん、資金調達から、決算書作成、税務調査まで中学生の頃には一通り経験する。そして1969年、独立し、株式会社大塚家具センターを設立した

■2009年、創業40周年を機に、大塚家具代表取締役社長は長女の大塚久美子が就任。しかし2014年社長を解任し、大塚勝久会長が社長を兼務した



大塚勝久(おおつか・かつひさ)略歴・経歴(プロフィール)
日本の実業家。大塚家具創業者。1943年、桐タンスの名産地・埼玉県春日部市生まれ。桐タンス職人の父親の店を子供の頃から手伝う。1969年、独立し、株式会社大塚家具センターを設立。国内最大の規模を誇る有明本社ショールームを始め、三越の新宿南館と横浜店、大阪南港ショールーム、2004年にはみなとみらいと、次々と大型ショールームを展開した
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる