大和田荘七 子孫

大和田荘七(豪商)家系・子供


実父:山本九郎左衛門(薬種業者)
養父:初代大和田荘七


子孫
・大和田獏(俳優)
・大和田伸也(俳優)
・大和田悠太(俳優)


■大和田荘七(おおわだ・しょうしち)は明治、大正時代の実業家。敦賀の経済の基盤をつくった。福井敦賀では有名な人物で敦賀市には銅像も建っている

■当時の有力商人で回漕業者大和田荘兵衛の養子として育つ。1878年、荘兵衛の姉しげ、婿荘七(旧姓伊東)夫妻の娘万寿子と結婚、荘七家の養子に入った

■大和田銀行を設立。敦賀商業会議所初代会頭。敦賀港の国際貿易港指定、港湾の整備などに尽力した



略歴
■大和田荘七(おおわだ・しょうしち)
【1857年~1947年】北前船の船主であり、大和田銀行、大和田貯金銀行を創立した。1857年、薬屋の次男として、敦賀に生まれる。1878年、初代大和田荘七の養子になる。1887年、初代大和田荘七の名を受け継ぎ、2代目となる。1892年、大和田銀行設立。1894年、「敦賀港開港に関する請願書」を提出。1899年、敦賀港が国際貿易港の指定を受ける。1912年、敦賀港を中継点とした東京とヨーロッパ各国を結ぶ「欧亜国際連絡列車」開通
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる