石毛直道 家族

石毛直道(文化人類学者)家系・子供


先祖:石毛胖庵(ばんあん)

曽祖父:教育者

父:敏治(国民学校校長)
母:喜与恵(実家は銚子市)
姉2人、妹3人の6人きょうだい

妻:卯女(うめ)
長女:哲学・倫理学の大学教授


■先祖は江戸時代に寺小屋を経営し、独学で書家になった石毛胖庵(ばんあん)

■石毛家は代々、教育者の家系である

■石毛直道は1937年11月30日、千葉市で生まれ、戦災や学校の教師であった父の転勤で幼少期は県内を転々とした

■父親の敏治は教育者だったので、戦後の闇市には手を出さず、配給だけで過ごした

■苦手な食材はないが、戦後の食糧難時代に一生分食べたと感じたサツマイモは好んで食べないという

■高校に合格した時、入学祝いに蕎麦を好きなだけ食べて言いといわれ、盛りそばを20枚以上たべたという


※参考文献『日経新聞(私の履歴書)』


■略歴
石毛直道(いしげ・なおみち)
日本の文化人類学者。民族学者。専攻は民族学、食文化論。国立民族学博物館名誉教授・館長。総合研究大学院大学名誉教授。日本コナモン協会筆頭理事。タンザニア、リビア、トンガ王国、西イリアン、ハルマヘラ島、東アジア、東南アジアなどで調査・研究に従事した。1937年11月30日、千葉県千葉市で生まれる
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる