具志堅用高 家族

具志堅用高 家系・子供
(ボクサー世界チャンピオン)


父:具志堅用敬(漁船船長)
母:ツネ(本島の南城出身)
兄:用詳(ようしょう)
姉:圭子
弟:透



子供


■1955年6月26日、沖縄県石垣市で誕生

■旧琉球王国の士族の家系である具志堅親雲上用易を元祖とする允氏具志堅家の系譜であり、名乗り頭に「用」の字を用いている

■父の用敬(ようけい)はカツオ漁船の船長であった。無口であまり息子の用高を叱ることはなかったという

■母のツネは夏はカツオ節工場、冬場はサトウキビの収穫といった具合に働き者であった。父親と対照的に躾に厳しかったという

■子供の頃は、体が小さく喧嘩をしても勝ったためしがなかったという


※参考文献(読売新聞(時代の証言者)


略歴
■具志堅用高(ぐしけん・ ようこう)
日本のプロボクサー、WBA世界ライトフライ級王者。2015年に国際ボクシング名誉の殿堂オールドタイマー部門に選出された。同年、イクメン・オブ・ザ・イヤー・イクジイスポーツ部門を受賞。男性タレント。ニックネームは「カンムリワシ」。1955年6月26日生まれ。沖縄県石垣市出身
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる