斉藤惇 家族

斉藤惇(実業家)家系・子供


祖父:市会議長
父:了(さとる)。英語教師
母:礼子(人吉出身)
妻:一般人
子供:娘がいる


■1939年10月18日、熊本県八代市で生まれた

■3男1女の3男である

■父親の了(さとる)は京都府宮津市の出身。山口高商を卒業。商社に勤めたが、恩師の薦めで熊本県人吉市にある旧制中学校の英語教師に転じた。この地で母とお見合いをして結婚する。以後、転勤を繰り返した。身長は180cmぐらいと長身であった

■母親の礼子は人吉の出身で、実家は球磨川の近くで旅館を経営しながら球磨焼酎の酒造も営んだ。幼い頃から踊りや三味線などを習った

■斉藤は野村証券の長崎支店から堺支店に移る直前に結婚した


※参考文献『日経新聞(私の履歴書)』


略歴
■斉藤惇(さいとう・あつし)
日本の実業家。野村證券株式会社副社長、住友ライフ・インベストメント株式会社最高経営責任者、株式会社産業再生機構社長、株式会社東京証券取引所代表取締役社長、株式会社東京証券取引所グループ取締役兼代表執行役社長、株式会社日本取引所グループ取締役兼代表執行役グループCEOなどを歴任した
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる