藤田謙一 子孫

藤田謙一(実業家)家系・子供


実父:明石永吉(津軽藩士)
実母:とも
養父:藤田正三郎


■先祖は明石全登(安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将)

■1873年(明治6年)1月5日 、青森県弘前市に津軽藩士だった父・明石永吉、母ともの次男として生まれる

■5歳のときに、親戚の藤田正三郎の養子となり、藤田姓を名乗る

■明治法律学校(現・明治大学)に入学後、大蔵省に入る

■1901年、「天狗煙草」で知られる岩谷松平の岩谷商会の支配人となり、専売制で莫大な買収金を手にする

■これを資金に60以上の会社をつくり実業界に名を轟かせた

■台湾で後藤新平が民生長官として阿片、塩、樟脳の専売を進めていた頃、藤田謙一は後藤と強い繋がりをもつ

■53歳のとき、藤山雷太、指田義雄に次いで東京商業会議所の第3代会頭となる


略歴
■藤田謙一(ふじた・けんいち)
【1873年~1946年】日本の実業家。日本商工会議所初代会頭、貴族院議員、鈴木商店顧問を務めた。1946年(昭和21年)3月12日に死去。満73歳没
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる