ピーター・ドラッカー 家族

ピーター・ドラッカー 家系・子供
(社会生態学者)



先祖:オランダで印刷業始める
曾祖母:100歳近くまで生きた

父:アドルフ・ドラッカー(ウィーン大学教授)
母:キャロライン(医学を専攻)
妻:ドリス
長女:キャスリーン
長男:ビンセント


■1918年まで絶大な力を誇っていた当時の大国、オーストリア・ハンガリー帝国の高級官僚の家に生まれた

■先祖はオランダのアムステルダムで、1517年に印刷業を始めた。ドラッカーとは、オランダ語で印刷屋という意味。この印刷屋は250年間、18世紀の半ばまで続いた

■家は代々、学者、官寮、弁護士、医師などである

■父親がオーストラリアの大蔵省の若手官僚だった頃、大学で経済学を教えた。その時の教え子に19歳の優秀な学生、シュンペーター(経済学者)がいた。ドラッカーはこのシュンペーターから大きな影響を受ける


※参考文献
『P・Fドラッカー 中内功 創生の時』
『知の巨人 ドラッカー自伝』


略歴
■ピーター・ファーディナンド・ドラッカー
【1909年~2005年】ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人の経営学者。社会生態学者。執筆者。「マネジメント」 の発明者として知られる。優れた著書を多く残した。著書『イノベーションと企業家精神――実践と原理』『現代の経営(上・下)』『経営者の条件』など
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる