ペトレ 子孫

ペトレ一族の家系・子供


エルジエン・ペトレ(金栗四三を介抱)


・ボー・ペトレ(考古学を研究)
・ジオ・ペトレ(有名な女優)

ひ孫
・タチアナ
・ヨハン
・ヴァネッサ(ストックホルムでイベント会社を経営)


■ペトレ家当主はユージン・ペトレという

■1912年に開催されたストックホルムオリンピックのマラソン競技に、日本初のオリンピック選手として金栗四三(かなぐり・しぞう)が参加した。しかし途中で体調をくずし意識もうろうとしながら、ペトレ家の庭に迷い込んだ。この時にペトレ家は皆で金栗を介抱した。このことが現在でも美談として語り継がれている

■金栗四三を介抱した一人、ペトレ家のベンドク・ペトレ(ユージン・ペトレの息子)は当時のことをこう振り返る
「カナクリ選手が奥の道を通って庭にさまよい込んで来た時のことは、とてもよく覚えています。彼はフラフラと入り込んできて、庭の長いテーブルのところの椅子に座り込みました。言葉を掛けるがわからない。スウェーデン語じゃ通じないのだということで、近所に住む非スウェーデン人のオストバーグという人を呼んできました」

「オストバーグは英語で話しかけ、カナクリも英語で『自分は東京の大学生だ』と答えたという


参考文献
『箱根駅伝に賭けた夢 「消えたオリンピック走者」金栗四三がおこした奇跡』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる