嘉納治五郎 子孫

嘉納治五郎(柔道の父)家族・子供


祖父:治作(酒造・廻船にて名をはせた)

父:嘉納治朗作
母:定子

長兄:寅太郎(久三郎)。農場経営
次兄:亀松(謙作)
長姉:柳子。南郷茂光に嫁ぐ
次姉:勝子。柳楢悦に嫁ぐ

妻:須磨子(外交官で漢学者の竹添進一郎の娘)

長男:竹添履信(洋画家)
次男:嘉納履正(全日本柔道連盟初代会長)
長女:哲学博士、綿貫哲雄に嫁ぐ


・南郷次郎(海軍少将)
・九里四郎(加賀藩前田家家老・九里家養子に)
・柳宗悦(民藝運動を起こした思想家、美学者)


・嘉納行光(講道館館長、全日本柔道連盟会長)


■柔道・スポーツ・教育分野の発展や日本のオリンピック初参加に尽力するなど、明治から昭和にかけて日本に於けるスポーツの道を開いた

■「柔道の父」と呼ばれ、また「日本の体育の父」とも呼ばれる


※参考文献
『箱根駅伝に賭けた夢』


関連サイト
嘉納治五郎語録
http://meigennooukoku.net/blog-entry-1425.html


略歴
■嘉納治五郎(かのうじ・ごろう)
【1860年~1938年】日本の柔道家、教育者。兵庫県平民。『講道館柔道』の創設者。昔ながらの格闘技・柔術の技術体系を整え精神性を加えることで、世界中で親しまれている柔道を完成させた。その功績から『柔道の父』と呼ばれる
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる