大橋洋治 家族

大橋洋治 家系・子供
(ANAホールディングス11代社長)



父:太郎(岡山県出身)
母:文子(大阪出身)

姉:則子(早逝)
兄:轍太郎(早逝)

妻:清子(福島県白河出身)

長男:洋平
長女:ふみ


■父親は岡山県出身で、長崎高商を出ると、ブリヂストン創業者の石橋正二郎の下で秘書のような仕事をする。その指導の下、中国・大連に渡り、貿易商として様々な経験を積む。その後、自ら事業を起こした。2年間におよぶシベリア抑留生活から帰還。地元の銀行で働く。柔道の黒帯4段

■父親は岡山県出身で、長崎高商を出ると、ブリヂストン創業者の石橋正二郎の下で秘書のような仕事をする。その指導の下、中国・大連に渡り、貿易商として様々な経験を積む。その後、自ら事業を起こした

■大橋は病弱で身体の弱い子供だったという

■この頃、中国全土には約100万人の日本人がいて、約2割が大連にいたと言われる

■1945年8月9日未明、旧ソ連が満州に軍事侵攻を開始したことで、幼い大橋は母親に連れられ、着の身着のままで約2ヶ月半、各地を野宿しながらハルビンに逃亡したという

■大橋は病弱な上、逃亡生活による栄養失調も重なり、歩くのもやっとの状態が続いた。いつソ連兵に殺されてもおかしくない日々を過ごした

■妻の清子は慶應義塾大学医学部付属厚生女子学院(現看護医療学部)を卒業し、特病棟を担当した

■長男の洋平の名前は自分の「洋」と尊敬する岡崎嘉平太(全日空2代目社長)の「平」からとった


※参考文献『日経新聞(私の履歴書)』


関連サイト
大橋洋治語録
http://meigennooukoku.net/blog-entry-4263.html


略歴
■大橋洋治(おおはし・ようじ)
日本の経営者。ANAホールディングス株式会社11代目社長。2012年4月 旭日大綬章受章。1940年1月21日、中華人民共和国東北部の佳木斯(ジャムス)で生まれる。岡山県高梁市出身。慶應義塾大学法学部卒業
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる