石田退三 子孫

石田退三の家族・家系・子供
(トヨタ自動車3代目社長)



実父:沢田徳三郎(農家)
養父:石田新平
遠戚:児玉一造(東洋綿花(トーメン)を創設)

妻:石田新平の娘


■1888年11月16日、愛知県知多郡小鈴谷村字大谷(現常滑市)に、農家を営む沢田徳三郎の五男とした誕生

■母方の遠戚の児玉一造の次男・利三郎は豊田佐吉の長女・愛子と見合いをして結婚。豊田家の婿養子となり、豊田自動織機社長、トヨタ自動車初代社長を務めた

■石田退三が養子にいく決心をしたのは、豊田利三郎の勧めがあったのと姓名判断による。退三という名前は、しりぞく三というあまり多くない名だが「生家の沢田退三なら一生を通じて貧乏暮し、石田退三になれば金持ちになれる」という姓名判断が出たことによる

■また、石田は利三郎に「一度、養子先の娘を見てこい」と言われるが、「あなたがいいというなら、見合いなんていやらしいことはしない。このまま行く」と言い、見合いもせずに養子になってしまった


※参考文献『私の履歴書(経済人3)』



関連サイト
石田退三語録
http://meigennooukoku.net/blog-entry-79.html


略歴
■石田退三(いしだ・たいぞう)
【1888年~1979年】日本の経営者。豊田自動織機社長、トヨタ自動車3代目社長を歴任。戦後、トヨタ自動車の建て直しをしたことから、「トヨタ中興の祖」と呼ばれた。愛知県の現在の常滑市で生まれた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる