山崎種二 子孫

山崎種二(山種証券創業者)家系・子供


先祖:武士(前田家分家に仕えた)

祖父:兵衛(生糸相場をした)

父:山崎宇太郎(小百姓)
妻:ふう(お嬢様だった)

次男:山崎富治(山種証券社長を歴任)
三男:山崎誠三

孫:山崎元裕(ヤマタネ社長を歴任)
孫:山崎妙子(山種美術館館長)


■先祖はれっきとした武士で、七日市にあった上州を治める加賀前田家の分家に代々仕えていた。何代目かの時に、武士を嫌って百姓になった

■山崎種二は現在の群馬県高崎市で生まれた。相場好きは祖父から受けついだものだという

■次男の山崎富治は「報告」「連絡」「相談」を重視する「ほうれんそう(報・連・相)経営」を提唱したことで知られた。著書『ほうれんそうが会社を強くする』はベストセラーとなった

■孫の山崎元裕の妻はトヨタ自動車株式会社社長を歴任した豊田達郎の娘


※参考文献『そろばん』(山崎種二)


略歴
■山崎種二(やまざき・たねじ)
【1893年~1983年】日本の相場師・実業家・教育家。山種証券株式会社(現SMBCフレンド証券株式会社)、株式会社ヤマタネの創業者。1952年、東京穀物商品取引所の初代理事。1966年、山種美術館を設立。1974年、勲三等旭日中綬章。群馬県高崎市(旧吉井町)に生まれる
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる