金田一京助 子孫

金田一京助(言語学者)家族・子供


曽祖父:伊兵衛勝澄(米穀商で財を成す)

父:金田一久米之助
母:ヤス

妻:金田一静子

長男:金田一春彦(言語学者)


・金田一真澄(ロシア語学者)
・金田一秀穂(言語学者)
・金田一美奈子(ゴルフライター)


■1882年5月5日、盛岡市四ツ家町に金田一久米之助・ヤス夫妻の十一人兄弟の長男として誕生

■父親の久米之助は子供たちに寝かしつける時、『源平盛衰記』『平家物語』を語って聞かせた

■長男の春彦は日本語の方言におけるアクセント研究でよく知られる、言語学者、国語学者。国語辞典などの編纂をした

■孫の秀穂も言語学者。専門は日本語教育・言語行動・意味論。政策研究大学院大学客員教授。杏林大学外国語学部教授。テレビ出演も多い。大学卒業後は、3年間ほどパチンコなどをしてニート生活を送っている



略歴
■金田一京助(きんだいち きょうすけ)
【1882年~1971年】日本を代表する言語学者。民族学者。日本のアイヌ語研究の本格的創始者として知られる。東京帝国大学教授。國學院大學名誉教授。盛岡市四ツ家町で生まれた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる