宮本和知 家族

宮本和知(投手・タレント)家系


曽祖父:片岡福太夫(鯨漁をする漁師。羽刺)

祖父:重太郎(腕利きの漁師)
祖母:フク(女相撲の横綱)

父親:明智(漁師を辞めて工場勤務をした)
母親:順子

前妻:一般人女性。離婚する
後妻:若柳きらら(12歳年下の日本舞踊家)

一人娘:沙耶乃


■曽祖父の片岡福太夫は捕鯨漁のリーダー、羽刺(はざし)であった。羽刺は鯨の背に乗って息の根を止める役割を担う、「鯨組」のなかでもヒーロー的存在である

■父親の明智(めいち)は家族を支えるため、漁師を辞め、船を売り、三井金属の工場に勤務し、実家に仕送りを続けた。臨時工で雇われたが仕事ぶりが認められ三井金属の正社員になる。44歳で作業副長に就任。最後は常昼作業長まで登りつめた。学歴もなく、臨時工からスタートしたが、仕事ぶりと人柄が認められての異例の出生であった

■2008年9月、12歳年下の日本舞踊家(正派若柳流)・若柳きららと再婚したことを「ズームイン!!サタデー」で発表した

■若柳流(わかやぎりゅう)は、日本舞踊の流派のひとつである。手振りの多いことが特徴で、品のある舞踊と評される


※参考文献
NHKファミリーヒストリー(2017年1月12日放送)


略歴
■宮本和知(みやもと・かずとも)
プロ野球選手(投手)、司会者、タレント、スポーツコメンテーター。身長178cm。1964年2月13日生まれ。山口県下関市出身。高校卒業後、社会人野球の川崎製鉄水島製鉄所野球部へ入団。読売ジャイアンツに入団。左のエースとして、先発ローテンションの一角を担った。現役引退後は、タレント、スポーツコメンテーターとして活躍。2007年、芸能人女子フットサルチーム「XANADU loves NHC」の監督に就任
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる