河野一郎 子孫

河野一郎(副総理)家族・末裔・子供


曽祖父:河野次郎右衛門(生年月日不明。二宮尊徳に可愛がられた)
曽祖母:サヨ(生年月日不明)
曽父:河野次郎平(温厚篤実な人柄であった。大正3年死去)
曽母:サク(昭和18年死去)

父:河野治平(豊川村長、郡会議員、神奈川県会議長などを歴任)
母:タミ(曽我兄弟の出生地である曽我の出身で、長谷川といえば、その地方の名門に数えられる地主)
弟:河野謙三(参議院議長(第11・12代)を歴任)
弟:弘(大正4年に誕生)

妻:河野照子(田川平三郎衆議院議員の娘)

長男:武治(昭和5年に誕生。昭和10年に死去)
長女:多賀子(昭和8年に誕生)
次男:河野洋平(衆議院議員(14期)、衆議院議長(第71・72代)、内閣官房長官、外務大臣等を歴任)

孫:河野太郎(衆議院議員)


■河野一郎は代々の百姓の家に生まれる

■曽祖母のサヨの長姉が二宮尊徳に嫁いでいる

■曽祖父の河野次郎右衛門は二宮尊徳に大変可愛がられたらしいと、自著『河野一郎自伝』で述べている

■河野次郎右衛門はその勤勉と篤農家ぶりを認められ、藩主・大久保氏から河野という苗字と帯刀を許され、名主となった

■妻の照子とはお見合いで結婚している。結婚式は小田原の二宮神社で挙げた


※参考文献『河野一郎自伝(著者:河野一郎)』徳間書店康快


関連サイト
河野一郎語録
http://meigennooukoku.net/blog-entry-4207.html


河野一郎(こうの・いちろう)略歴
【1898年~1965年】日本の政治家。副総理、日本自由党幹事長、自由民主党総務会長。河野派会長、領袖。1898年6月2日、神奈川県足柄下郡豊川村で生まれる。早稲田大学政治経済学部卒業。朝日新聞社に入社。その後、政治家に転身
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる