鈴木大拙 子孫

鈴木大拙(仏教学者)家族・末裔・子供


父:旧金沢藩の藩医。大拙が5歳の頃亡くなる
母:よくお寺まわりをした
姉:どこかに嫁いでいった
兄:元(げん)
兄:亨(こう)
兄:利(り)

妻:ビアトリス・レーン(アメリカ人女性。ラッドクリフ大学出身)

息子:鈴木勝(作詞家)。宝塚歌劇団出身のジャズ歌手、池真理子と結婚。一女を授かるが離婚


■石川県専門学校の後輩に大手商社、安宅産業(伊藤忠商事に吸収される)を創業する、安宅弥吉(あたか・やきち)がいた。安宅は大拙に学問をやるなら、お金がいるだろうから、金が出来たら、出してやると言ったという。その後、この言葉通り安宅は大拙のパトロンとなり、大拙を支えた

■哲学者の梅原猛は、大拙のことを『近代日本最大の仏教者』と評した


参考文献『私の履歴書 文化人15』(日本経済新聞社)


関連サイト
鈴木大拙語録
http://meigennooukoku.net/blog-entry-4191.html


鈴木大拙(すずき・だいせつ)略歴
【1870年~1966年】世界的に著名な仏教学者。禅についての著作を英語で著し、日本の禅文化を海外に広く伝えた。1949年に文化勲章。石川県金沢市で生まれる
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる