井伏鱒二 子孫

井伏鱒二(小説家)家族・子供


祖父:民左衛門(井伏は父親が5歳の頃、亡くなったので祖父にかわいがられ育てられた)

父:郁太(井伏が5歳の頃に死去)
母:ミヤ
兄:文夫
姉:泉
弟:圭三

妻:秋元節代。媒酌は田中貢太郎(作家、伝記物、紀行文、随想集)が行った


■1898年2月15日、広島県安那郡加茂村(現・福山市)で生まれる

■井伏家は室町時代の1442年まで遡れる旧家で、「中ノ士居」の屋号をもつ代々の地主である

■1927年に荻窪へ移り住み1993年に同地で、95歳で死去



井伏鱒二(いぶせ・ますじ)略歴
【1898年~1993年】日本の小説家。代表作:『山椒魚』『さざなみ軍記』『ジョン万次郎漂流記』『屋根の上のサワン』『本日休診』『黒い雨』。広島県安那郡加茂村(現・福山市)生まれ。早稲田大学仏文科中退。1938年、『ジョン萬次郎漂流記』で第6回 直木賞。1966年、 『黒い雨』で第19回 野間文芸賞。1972年、『早稲田の森』で第23回 読売文学賞随筆紀行賞。1990年、名誉都民。ほか、広島県名誉県民、福山市名誉市民など
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる