太田牛一 子孫

太田牛一(武将)家族・末裔


父:尾張国春日井郡の土豪とされる

子共
・又七郎牛次(秀頼の家臣で摂津麻田藩初代藩主の青木一重に仕えた)
・小又助(丹羽家、織田信雄、秀吉に仕えた)

孫:宗古(前田利常に仕え、以来、加賀藩士として続いた)

子孫:太田直敬


■尾張国春日井郡安食村で生れたと伝えられる。通称は又助。信長、秀吉に仕えたのち秀吉の側室京極殿 (松丸殿) 付きの士となった

■『信長公記』(16巻)の著者として知られる



太田牛一(おおた・ぎゅういち)略歴
【1527年~1613年】戦国時代から江戸時代初期にかけての武将。『信長公記』(しんちょうこうき)の著者として知られる。『信長公記』は、安土桃山時代の戦国大名である信長の一代記で、歴史史料である。信長の幼少時代から信長が足利義昭を奉じて上洛する前までを首巻とし、上洛(1568年)から本能寺の変(1582年)まで15年の記録を1年1巻とし、全16巻(16冊)にまとめている
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる