小川宏 家族

小川宏(アナウンサー)家系・夫人・子供


妻:富佐子
次女:夫は作曲家、作詞家の中山大三郎(島倉千代子の『人生いろいろ』などの大ヒット曲を作詞)


■NHKアナウンサーから独立し、フジテレビで1965年から「小川宏ショー」の司会として活躍した

■NHK同期には大塚利兵衛、八木治郎、穂坂俊明、福島幸雄らがいる

■2016年11月29日、90歳で死去



小川宏(おがわ・ひろし)略歴
【1926年~2016年】日本のフリーアナウンサー・司会者。NHKアナウンサー。1926年4月17日、東京府南葛飾郡寺島村で生まれる。早稲田大学専門部工科建築科を卒業後、一旦間組(現在のハザマ)に入社するも半年で退職。NHKには二次募集で入局した。NHK退職後、フジテレビと専属契約を結び、1965年5月より同局朝のワイドショー『小川宏ショー』の司会を通算17年務めた。「小川宏ショー」は17年間4451回の放送を記録
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる