荒川博 家族

荒川博(プロ野球)家系・妻


実家:八百屋
夫人:和子
養子:荒川尭(元プロ野球選手。『荒川事件』の当事者として、今なお話題になる人物)


■王貞治選手の「一本足打法」の生みの親として知られる。世界の本塁打王の礎を作った

■王以外では土井正三・柴田勲・高田繁・末次民夫・黒江透修を育て、巨人の黄金期を支えた

■合気道の理論を打撃術に応用し「荒川道場」と呼ばれた

■2016年12月4日、86歳で死去


荒川博(あらかわ・ひろし)略歴
【1930年~2016年】日本のプロ野球選手。外野手。コーチ、監督、解説者。1930年8月6日生まれ。東京都台東区浅草出身。早稲田大学商学部卒業。現役時代は毎日オリオンズ、大毎オリオンズで活躍。著書:『ヒットの打ち方 - クリーンアップを打てるバッターへ』(1977年、かんき出版)。『君は王貞治になれるか』(1980年、山手書房)。『王選手コーチ日誌 1962-1969 一本足打法誕生の極意』(2010年、講談社)など
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる