林英哲 家族

林英哲(和太鼓奏者)家族・妻・子供


実家:真言宗の寺院
8人兄弟の末っ子


■世界が認める和太鼓の第一人者

■2013年4月10日、出身地の広島県庄原市より市民栄誉賞を受賞


林英哲(はやし・えいてつ)略歴
日本の和太鼓奏者、作曲家。洗足学園音楽大学客員教授。多種多様な太鼓群を用いた独自奏法の創作などジャンルを超越した、まったくオリジナルな太鼓表現を築きあげた。1952年2月2日生まれ。広島県庄原市出身。広島県立東城高等学校を卒業。1970年に、美大を目指して上京。翌1971年に「佐渡・鬼太鼓座」の創設に誘われて参加。「鼓童」の創設にも関わり、11年間のグループ活動後、1982年太鼓独奏者として活動を開始。1984年初の和太鼓ソリストとしてカーネギー・ホールにデビュー。著書:「あしたの太鼓打ちへ」(晶文社、1992年)。「林英哲太鼓日月-独走の軌跡」(講談社、2012年)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる