小林虎三郎 子孫

小林虎三郎(米百俵)家族・子供


父:小林親真(越後長岡藩士。新潟町奉行。通称は又兵衛)
弟:小林雄七郎(越後長岡藩士、明治期の官吏、衆議院議員)

妻:離婚する

長男:虎三郎よりも早く死去した


■文政11年(1828年)、現在の新潟県に長岡藩士・小林又兵衛の三男として誕生

■長男は虎三郎に先立って死亡していたが、弟が2人いて上の弟は、他家に養子に出ていたため、旧長岡藩士・小林惣領家の家督は、末弟が相続した


関連サイト
小林虎三郎語録
http://meigennooukoku.net/blog-entry-4143.html


小林虎三郎(こばやし・とらさぶろう)略歴
【1828年~1877年】日本の武士・越後国長岡藩士。大参事。「米百俵」の逸話で知られる。幼少の頃、疱瘡により左目を失明する。長岡藩校・崇徳館で学び、若くして藩校の助教を務めるほどの学識深い俊英だった。戊辰戦争の戦災によって壊滅的な打撃を受けた長岡で、四郎丸村(現在の長岡市四郎丸)にある昌福寺の本堂を借り、仮校舎として国漢学校を開校させた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる