ジュール・ベルヌ 子孫・末裔

ジュール・ベルヌ(小説家)家族・子供



父:ピエール・ベルヌ(弁護士)
母:ソフィー(船乗りの家系)
妻:オノリーヌ
男長:ミシェル(1861年誕生)


■フランス西部ペイ・ド・ラ・ロワール地方のナントで生まれる。家はロワール川の中州の一つであるフェイド島にあり、子供時代はほとんどこの家庭で過ごした

■ベルヌは平和主義者・進歩主義者として有名であった。目立った活動はしていないもののボナパルティズムを奉じるナポレオン3世に常に批判的であった



ジュール・ガブリエル・ヴェルヌ略歴
【1828年~1905年】フランスの小説家。サイエンス・フィクション(SF)の開祖として知られ、SFの父とも呼ばれる。1828年2月8日、フランス西部ペイ・ド・ラ・ロワール地方のナントで生まれた。代表作:『海底二万里』『八十日間世界一周』『月世界旅行』など
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる